2019年 みんなの相談所 開催記録

みんなの相談所カレンダー2019

みんなの相談所vol.25 ゲストトーク:中井まひるさん

【第26回】2019年6月25日(火)の開催予定

ゲストトーク05:中井まひるさん(照らせ!ひがよど祭り 実行委員長)。大阪市東淀川区でお仕事と活動を続ける中井さん。ひがよど祭りは毎年11月3日文化の日に開催。実行委員長として、数々のご苦労と成功の経験談と、失敗談もあれば語っていただきたいと思います。

会場:新☆樂山 18:30〜19:30(19:30から晩ごはん交流会)  参加者:事前申し込み不要!当日ふらっとお越しください

みんなの相談所 みん玉

【第25回】2019年6月11日(火)の開催予定

前半30分(参加者PR自己紹介)
後半30分(ゲストトークの振り返り、次回のゲストトークなど)

会場:新☆樂山 10:30〜11:30(11:30から昼ごはん交流会)  参加者:事前申し込み不要!当日ふらっとお越しください

みんなの相談所vol.24 ゲストトーク:伊藤寿佳子さん

【第24回】2019年5月28日(火)の開催予定

ゲストトーク04:伊藤寿佳子さん「オランダキングスデー体験記」。みんなの玉手箱の誕生のきっかけのひとつでもあるオランダのキングスデー(王の日)を実際4/27に共同代表の伊藤さんが体験。どんな様子だったのか、どんな仕掛けで誕生したのか語っていただきます!

会場:新☆樂山 18:30〜19:30(19:30から晩ごはん交流会)  参加者:事前申し込み不要!当日ふらっとお越しください

みんなの玉手箱「みんなの相談所(第23回)」

【第23回】2019年5月14日(火)の開催記録

前半は参加者で近況報告とPRタイム。オランダ帰国報告とキングスデープチレポート、地域の小学校でのいきいき仕事、ヘアドネーション、広報ひがしよどがわ、町内会の防災通信などのPRが行われました。また東成区役所さんが久しぶりの参加!この春から区役所で務める新しい担当者さんの紹介がありました。海外での経験もあり、東成区に新しい風が吹きそうです。また、森林環境贈与税を使った新しい事業もスタートするという報告がありました。今後の相談所について、早くも2020年のスケジュールについて、これまでの第2・第4火曜日から第1・第3火曜日に変更する案で概ね了承。さらに今月締め切りの「なにわ大賞」への応募も話し合われました。 次回5月28日(火)夜はいよいよ伊藤寿佳子さんによる「キングスデー!オランダ体験レポート」です。お楽しみに!

会場:新☆樂山 10:30〜11:30(11:30から昼ごはん交流会)  参加者:6名

みんなの相談所 金谷一郎さん(今さら聞けない大阪選挙分析)

【第22回】2019年4月23日(火)の開催記録

ゲストトーク03:金谷一郎さん(元淀川区長・前東淀川区長を歴任され、現在みんなの玉手箱 運営仕掛け人のアドバイザー)。教育や地域活動の多方面分野で活躍されている金谷さんに今回の「大阪選挙分析」のお話をいただきました。今回は大阪では大阪都構想を争点にされた市議会選・府議会選に加え、市長選・府知事選が行われました。ご自身は維新派でも反維新派でもないという立場から、冷静に維新と非維新(維新以外の政党)の構図、さらには4年前の選挙、そして大阪都構想の住民投票も含めて、メディアの報道(マスコミの風)が本質をついてない部分、さらに東成区での当選・落選の状況について分析いただきました。参加者の皆さんには、公開されている情報を独自に整理された大阪市24区ごとの各選挙の前回・今回の得票数、伸び率、維新・非維新の数字が記載された資料が配られ、それを元に面白いポイントを解説いただきました。若い人がみんな維新に投票した、年配の人は自民に投票したなどどいうのは大きな間違いで、60代の6割以上から松井市長は指示を得た形になった。メディアが注目しなければいけないのは勝った、負けたではなく、「なぜ自民支持者の50%が維新に入れたのか」「政党で入れたのではなく人(個性)を見て選んでいることに注目しないのか」など独自の視点が参加者の興味をひきました。なかなか支持政党があってもなくても、政治や選挙の話を日常会話でしにくい世の中。そんな中、フラットな視点と、偏った意見があったとしてもそれを認め合う空気のあるみんなの相談所だからこそ実現した一日となりました。興味がある方はまた夜の部にお越しいただけたら金谷さんにお会いできるかもしれません!

会場:新☆樂山 18:30〜19:30(19:30から晩ごはん交流会)  参加者:9名

みんなの玉手箱「みんなの相談所(第21回)」

【第21回】2019年4月9日(火)の開催記録

前回に引き続き、参加者の方々に近況活動をPRいただきました。11/3もエントリーいただける大阪メトロさんの「ぶらりウォーク」や、「つるのはしマルシェ」、東中本まちつくり活動協議会の広報紙「ひがなか」、本日9日と来週16日にはゆめのたね放送局「こっからパーマカルチャー」にて「みんなの玉手箱」のPR、「天保山さくらまつり」、「癒楽りすとによる7H広場」など近々開催される様々な活動が報告されました。前回の夜の相談所でお越しいただいた「こっからパーマカルチャー」パーソナリティのMAYAさんのお話の振り返り、次回の夜の相談所では、運営仕掛け人アドバイザーの金谷一郎さんによる「大阪・選挙分析」を行います。参加者からも選挙の話を気軽にしてはいけない空気に違和感があるので、ぜひ参加したい!との声もいただきました。また、前身となる「ひがしなり街道玉手箱」のFacebookページを活用していく方針も発表されました。

会場:新☆樂山 10:30〜11:30(11:30から昼ごはん交流会)  参加者:7名

みんなの相談所 池田麻矢さん(インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」こっからパーマカルチャーのパーソナリティ)

【第20回】2019年3月26日(火)の開催記録

ゲストトーク02:MAYAさん(インターネットラジオ「ゆめのたね放送局|こっからパーマカルチャー」パーソナリティ) ご縁、応援、貢献をテーマに2016年6月スタートした「ゆめのたね放送局」。共同代表をつとめる男性お二人の考え方の柔軟性がいろんなパーソナリティを引き寄せる。ご縁でパーソナリティをつとめる友人のアシスタント的に番組をお手伝い。そこからスカウトされてパーソナリティに。ゆめのたね放送局はパーソナリティの会費制により広告を取らないことで独自の番組構成が可能になっている。MAYAさんの番組名に入っている「パーマカルチャー」とはパーマネント(永続性)と農業(アグリカルチャー)そして文化(カルチャー)を組み合わせた言葉で、永続可能な農業をもとに、人と自然がともに豊かになるような関係を築いていくためのデザイン手法だそうです。今回は失敗談もお聞きしたかったが、池田さんは失敗という発想がそもそもない。何かが起こると「来た〜!!」と思ってそれを楽しむことができるから。すぐに失敗や成功という価値観で考えがちですが、池田さんのお話には共感する部分が多々ありました。今回のご縁で、共同代表の2人がみんなの玉手箱についてMAYAさんの番組に出演させていただくことになりました。(放送は4/16火曜 21:30〜22:00)ライブ配信でインターネットでお聴きいただけます) https://www.yumenotane.jp/cokkarapermaculture MAYAさん貴重なお話ありがとうございました!

会場:新☆樂山 18:30〜19:30(19:30から晩ごはん交流会)  参加者:7名

みんなの玉手箱「みんなの相談所(第19回)」

【第19回】2019年3月12日(火)の開催記録

今回から相談所のお昼バージョンで新たな実験をしました。11/3の文化の日に向けては、まだまだ先で相談事が少ないので、参加者が自己紹介をかねて自身の活動をするPRタイムを設けました。この日は参加者7名がそれぞれ普段行なっている趣味や活動などをPR。それだけで40分ほど使いましたが、みんなの文化が相談所で知れるのはとてもよかったです。次回の第2火曜の相談所は前半30分を目安として参加者の自己紹介タイムを継続したいと思います。前回の2/26の相談所では初めてゲストトークを実施しました。プロジェクタやスライドは毎回準備するのは大変なので、ゲストの方に資料を持ってきていただいたり、タブレットを使用して開催するのはどうかという意見がありました。また2018で開催したみんなの玉手箱は開催いただいた皆様にアンケートを実施したので内容を整理してHPでの公開も検討されました。次回第4火曜の相談所ゲストは近日発表! (今回は記録の集合写真を撮り忘れました・・・申し訳ございません)

会場:新☆樂山 10:30〜11:30(11:30から昼ごはん交流会)  参加者:7名

みんなの相談所 竹村徹さん(中之島まつり実行委員長)

【第18回】2019年2月26日(火)の開催記録

ゲストトーク01:竹村徹さん(中之島まつり実行委員長)。 40年以上継続するまつりの秘密、裏話をお聞きしました。 そもそも中之島まつりは、明治、大正時代の貴重な建物群の一つ、中之島の中央公会堂の取り壊し反対運動から大阪市と交渉する中で、難しい事を言わずに「お祭り」でもして皆さんにこの場所を知って貰おうということでスタートして今年で48回目を迎えるそうです。その後、中央公会堂は、永久保存になり、中之島まつりも賑わい、人気スポットとなりました。5/3.4.5のGW期間というスタイルは今も変わらず、お祭りそのものが楽しい物となったそうです。日本に市民と言う概念が無かったが、街に義務と権利を中之島まつりから果たしている。元々は反対運動から起こったため、市や府から一切お金を貰った事がない。ただ、44回目で起こった事故をきっかけに、やめるのか続けるのか見つめ直す機会となり、大きな反省として今も受け継いでいる。現在は、なんのためのまつりなのか、新しい人たちを巻き込むにはどうすればいいのか、実行委員の皆さんと一緒に考えておられるそう。月に1回会議をして50団体約80人が出席。ぜひ中之島まつりに関わりたいという方はHPをご覧ください。http://www.nakanoshima.net/ 竹村さん貴重なお話ありがとうございました!

会場:新☆樂山 18:30〜19:30(19:30から晩ごはん交流会)  参加者:9名

みんなの玉手箱「みんなの相談所(第17回)」

【第17回】2019年2月12日(火)の開催記録

大阪メトロさん、東成区役所さん、吉本興業さん、オオサカジンさんのみなさんに参加いただきました! 区役所さんからはアンケート結果の報告と共同代表との打ち合わせなどを希望。吉本吉本さんからも11/3はエントリーor住みます芸人の「村一番」さんが参加できますとのこと! 大阪メトロさんのぶらりウォークは11/3が毎年恒例のみん玉企画になればという意見も。地下鉄構内でのコンサート実現も模索中。11月3日文化の日は祝日なので、これからも毎年ずっと祝日であるということを確認! おおさか千島財団に申請していた助成金はこの日不採択の通知が届きましたが、そもそも運営費0を掲げて、「会議しない、広報しない、運営しない」をゆっくりでも実現する目的があるので助成金も頼っては行けないのかもしれませんね。次回から相談所ではゲストトークコーナーをつくる予定です。第1回目のゲストは近日中にFacebookで発表予定(https://www.facebook.com/events/792293397780359/

会場:新☆樂山 10:30〜11:30(11:30から昼ごはん交流会)  参加者:8名

みんなの相談所 開催記録