「みんなの玉手箱」は、みんなが自由に意見を出し合える“場づくり”をしています。
それが「みんなの相談所」。月に2回(第2・第4火曜日)に定期開催。全国どこからでも大歓迎!

みんなの悩みにみんなで答える、相談所を月に2回開催!

みんなの玉手箱ってなに? どうやったら関われるの?そんな時は、まず「みんなの相談所」にご参加ください。第2火曜の10:30〜と、第4火曜の18:30〜 大阪市東成区の会場で開催しています。

Google Mapで相談所会場を見る

みんなの相談所2018の開催記録

【第8回】2018年9月28日(火)の開催予定

議題|●みん玉登録状況の確認 ●東成区広報誌特集号の確認 ●Facebookイベントページ紹介 ●文化力マークの申請(関西・市民) ●CA関西エントリー

会場:新☆樂山 18:30〜19:30  参加者:お気軽にお越しください!申込不要

みんなの相談所(第6回)大阪市東成区

【第7回】2018年9月11日(火)の開催記録

みんなの玉手箱リニューアルサイトがついに公開!エントリーの際のお約束ごとなど、みんなで内容をチェック。文活を実施する企画者のことを「文活仕掛け人」と呼ぶことも決定した。Facebookページについては、街道玉手箱ページをみんなの玉手箱ページに書き換えることはせず、みんなの玉手箱では毎年イベントページを開設しすることで一旦決定。次に、ひがしなりだより特集号について東成区役所さんからの報告。東成警察署さんがミニパト出動可能だが、開催協力いただけるところを探し中とのこと。どこか地域主催で受入可能なイベントあればぜひブッキングしたい。(協力いただける方、ご連絡を!)また、関西で行われるクリエイティブや活動を紹介&表彰する「クリエイティブアウォード関西2018」へのエントリーも検討。

会場:新☆樂山 10:30〜11:30  参加者:9名

みんなの相談所(第6回)大阪市東成区

【第6回】2018年8月28日(火)の開催記録

今回は、主にホームページの内容について。9月上旬のリニューアルに向けて、デザイン&構成の確認を行う。サイト公開後、文化活動のエントリーを受け付ける(だより掲載の場合は10月上旬が〆切)。エントリーした方は、テーマカラーのオレンジをどこかに掲げるなどの仕組みも検討。今回は仕掛け人が全員集合、昨年の実行委員さんも来られて賑やか。区外から初参加された方が、こんな場を求めていた!と仰ったのが印象的。地域や行政とゆるやかにつながる場の必要を改めて実感した。

会場:新☆樂山 18:30〜19:30  参加者:15名

みんなの相談所(第6回)大阪市東成区

【第5回】2018年8月7日(火)の開催記録(お盆のため第1火曜に開催)

「みん玉 3つのお約束」が決定したので、初参加の方にも共有。またホームページの準備を8月下旬公開に向けて準備してきたので、次回相談所で公開前の状態を発表することに。また参加条件は3つのお約束をクリアした文化活動(文活)がエントリーできるが、実施するにあたり、保険や責任の所在など一定のルールは必要との意見も。東成区以外での開催をする場合もみんなの玉手箱にはエントリー可能。まずは全国いろんな地域で活動をする代表の方が、この思いに共感いただければ、みんなの玉手箱の輪は広がっていくことを実感。

会場:新☆樂山 10:30〜11:30  参加者:8名

【第4回】2018年7月24日(火)の開催記録

東成区内に住んでいたり引っ越してきたりしたが、まだ地域との交流が少ない若者2名が初参加。みんなの玉手箱の考え方なども大まかに説明。運営仕掛け人より「みん玉3つのお約束」を提案。そもそも参加条件に10も約束がいるのか?ということや、地域防災で必須な自助、共助、公助の3つの考え方を参考にした「❶ まずは、自分が楽しめるかどうかを最優先で考えます!❷ ただし、となりの人が嫌がることは絶対にしません!❸ そして、みんなの意見も聞いて、みんなの文化を大切にします!」で決定。また問題が出たら、3つのお約束を変更していくことに。

会場:新☆樂山 18:30〜19:30  参加者:10名

【第3回】2018年7月10日(火)の開催記録

地域の方が中心に参加し、地域での担い手問題について話。この日は東成区役所の方が広報協力で参加。11月号で区民だよりに特集号を組む、担当者さんよりレイアウトイメージの提案。参加者も概ね賛成。過去のイベントの継承であることもしっかり明記。「みん玉10のお約束」の原案をみんなで確認。真面目すぎる!やってはダメなことが多い!との意見から、みんなの意見を踏まえ次回の相談所で再提案することに。区の広報費については、前回の相談所で不要論が出たので区役所の方と共有。 みん玉は初年度から運営費0の実現に向けて動いていきたいことを伝える。

会場:新☆樂山 10:30〜11:30  参加者:10名

【第2回】2018年6月26日(火)の開催記録

この日は奈良県や埼玉県で地域活動をしている方が、みんなの玉手箱の噂を聞いて参加。「地域でのプロジェクトをもっと広めたい」「事務局を置かない新しい運営方法に興味がある」という理由で参加いただいたことに新たな可能性を感じました。どういう条件でみんなの玉手箱に参加できるのかが疑問。次回までに「みん玉10ケ条」のたたきをつくり、参加条件をざっくり提案。区の広報予算の活用を再度議論したが、暖簾をつくりたい人が自由につくり、幸せの黄色いハンカチのように自由にみんながつければいいのでは?という意見も。広報費については次回持ち越し。

会場:新☆樂山 18:30〜19:30  参加者:13名

【第1回】2018年6月12日(火)の開催記録

初めて参加の方にみんなの玉手箱の概要をみんなで共有。目指すところは運営費0ですが、今年度は区の広報予算があるため、有効活用について議論。テーマカラーのオレンジを使い、オレンジの暖簾を作りイベントスポットで掲げてもらう案が出て、一度使用を検討することに。区の広報費があるのはありがたいが在庫を誰が抱えるのかなど問題も。ひがしなり街道玉手箱2013で活用していたツイッターがほぼ止まっているため削除することで一致。まだまだ運営も仕掛け段階なのでみなさんの疑問が出たことから少しずつ解決することに。

会場:新☆樂山 10:30〜11:30  参加者:12名